お内裏様とお姫様を飾る位置

サイト内検索

段飾りや平飾りをはじめ、管理がしやすいケース飾りや収納飾りなど、様々な種類の雛壇がありますが、どの雛飾りであっても外せないのがお内裏様とお雛様です。

しかし、この両者の位置関係が関東と関西で逆になることはご存知でしょうか?

日本では伝統的に左側が上座となるので、お内裏様は向かって右側に座るのが慣わしであり、御所における玉座の位置もこの考えに基づいています。

また、雛飾りには、世の中に存在するあらゆる万物を陰と陽の二つに分類する陰陽説が深く関わっているため、男女を陰陽に対応させた並びだとも言われています。

そのため、歴史や伝統を重んじる京都を中心とした関西地方では、向かって右が男雛、左に女雛の並びが主流となっているそうです。

向かって左側にお内裏様が座るようになったのは、昭和の初期ごろからと言われています。

積極的に西洋文明を取り入れた明治時代より、右を上位とする国際儀礼の考え方が広まり、大正天皇や昭和天皇の即位でも、天皇の左手側に皇后が立つ、西洋スタイルで執り行われました。

身近な例で言うと、結婚式や披露宴における新郎新婦の立ち位置がそうですよね。

そのため、東京を中心とした関東地方では、従来とは反対に向かって左が男雛、右に女雛の並びが主流になったそうです。

ちなみに、関東と関西の違いは座る位置だけではなく、お内裏様とお姫様の顔にも見られ、関東では、ふっくらと丸みを帯びた可愛らしい印象の人形が多く、関西では、細面でキリッとした表情の人形が多いようです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ