ぼたもちとおはぎの違いとは?お彼岸の供え物

サイト内検索

お彼岸といえば「ぼたもち」や「おはぎ」が古来より定番のお供え物となっています。

地域や店舗によっては、材料や製法の違いで両者を区別しているところもありますが、本を正すと全く同じものだそうです。

それぞれ漢字で書くと「牡丹餅/御萩」となり、これは、春のお彼岸の頃に花が咲く「牡丹(ぼたん)」と、秋のお彼岸の頃に花が咲く「萩(はぎ)」に由来し、昔は季節によって呼び名を変えていました。

また、大きさや形によって区別することもありますが、これも由来する花が関係しています。

「ぼたもち」は「牡丹」の花を模すため、大きめに丸く成形され、「おはぎ」は「萩」の花のように小ぶりで俵状に作られることが多いようです。

「こしあん」を使ったのが「ぼたもち」、「つぶあん」で作られたのが「おはぎ」とする人もいますが、これは、小豆が有している特徴と収穫時期に関係があります。

小豆の収穫期と重なる「秋のお彼岸」は、獲れたての柔らかい新豆を使うことができるので、表皮ごと「餡(あん)」として利用できますが、「春のお彼岸」では、冬を越した小豆で「餡」を作らなければいけないため、硬くなった皮を取り除く必要があり、結果的に「こしあん」になったそうです。

しかし、現在では、保存技術や品種改良などの努力により、春でもおいしい「つぶあん」を作ることができるので、この区別は意味のないものとなっています。

一般的には「おはぎ」が通称となっていますが、同じ食べ物であっても季節によって呼び方を変える、四季に対する日本人特有の繊細な感性は大切にしたいですね。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ