お祝いの日に、赤飯を食べる意味

サイト内検索

赤飯、(お赤飯、おこわ、赤まんま等)呼び方は色々ありますが、ここぞと時のお祝いには、欠かせないものですよね。

私は、毎日食べてもいいくらい大好きです。

何だか、力が湧いてくるような気がして、気分も高まりますよ。

では、何故お祝いの時に食べるのでしょうか?古代より、赤い色は邪気を祓う力があるとされていたらしいです。

やはり、昔は邪気を祓うことが、一番と考えられていたのでしょうね。

そして、お祝いに邪気は禁物!赤いご飯で、邪気を祓ってお祝いの日を堪能してのではないでしょうか?

家を建てた、受験に受かった、結婚した、等御めでたい祝いとは、日本の風習的には実は邪気を祓う儀式だったのかもしれませんね。

赤飯とは、もち米と、小豆で作ったお祝いご飯

もち米と小豆を一緒に炊くことで、ほんのりと赤い色が付きます。

普段食べても、超旨いですが、一応どんな物かの説明を

  • 胡麻塩が無いと、寂しい・・・
  • カロリーは、普通のご飯より、1.5倍くらい高め・・・
  • 胴、タンパク質、亜鉛などの栄養素は、抜群で、白米は問題外・・・
  • 何しろ、めでたい赤色のご飯なので、食欲も増すし縁起がいい・・・

と言うまとめになりましたが、地方によって、色々違うみたいです。

ここでは、僕の知っている、もち米と小豆で作って、胡麻塩を掛けて食べるお赤飯で説明しています。

他の作り方の方、済みません。

色々な作り方あることも、検索して知りましたが、あえて、僕の好きな赤飯に限定して書きました。(^^;

是非、一度、ご賞味のほどを・・・・(*^_^*)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

One Response to “お祝いの日に、赤飯を食べる意味”

  1. アラレ より:

    やっぱ、もち米に小豆だよね♪

    金時豆で赤の着色料でもち米を赤くしてるの見た時は
    食べる気無くした・・・。

    ちなみに、これも新潟での話です。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ