音楽ライブで撮影禁止の理由

サイト内検索

ライブは、一回一回が限定品です。

世の中には、今日しか見れないものがたくさんありますが、ライブもそのひとつですよね。

「なんだそんなの撮影しておけば半永久的に保存できるよ?」そんな声もちらほら。

そもそも音楽ライブの撮影が基本的禁止というのは、日本特有なのです・・・。

欧米では撮影可能なライブがほとんどで、むしろそれを世界に広めることにより知名度や宣伝力に生かしています。

ではなぜ日本はライブの撮影が禁止されているのでしょうか。

撮影は他のライブ観客に迷惑

スマホや携帯で撮影する際、画面から光が出ますよね。

ライブ会場では、野外で無い限り観客席が暗いのでそういった光は、観客の目の妨げになります。

また狭いライブ会場では、大きな機械は周囲の迷惑になるので、撮影専用の機械は持ち込めません。

もしもカメラやスマホがライブで撮影しているとき手から落ちて踏まれて壊れた場合、観客同士のトラブルにもなるのです。

またライブを撮影する人の中には、動画・画像サイトそれをアップして閲覧数を上げたいだけの人もいますので、チケットの争奪戦に悪影響を及ぼしかねません。

ライブを撮影する人は、専用の席があるので許可をもらいライブを撮影する。

ライブを見たい人は、ファンとしてライブに参戦しましょう。

音楽ライブの撮影は著作権の問題も

音楽だけでなく、どんな作品にも著作権は存在します。

許可を得ていないライブ動画をネットに流すことで、ライブ感覚を味わえる人がどれほどいるでしょう。

もしかしたら「ライブは動画サイトで見れるし、CDだけ買えば良いや~」なんてことになってアーティストの利益に影響が出るかもしれません。

特に最近は、ネット社会の進化により知識を持たない人が簡単に作品を使用することで、著作者から著作権料や使用金の請求書が送られてくるなんてこともあります。

学校の文化祭ポスターにあの有名ネズミさんを描いてはいけないことと同じです。

他にも事務所やアーティストによって様々な理由がありますが、ライブというひとつの作品に対するマナーを考えることが大事です。

日本でも少ないですが、撮影可能なライブがあります。

それでも撮影可能かどうかキチンと許可を得て撮影しましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ