大根おろしで健康になり、最高の味で食べるなら、鬼おろし

サイト内検索

大根おろしといえば、天婦羅や焼き魚の添え役と思いがちですが、本当に美味しい大根おろしを食べたことのない人の間違った認識です。

本物の大根おろしは、大根おろしだけで十分通用する立派な一品料理です。

スポンサーリンク

大根には、消化を助けてくれるアミラーゼプロテアーゼリパーゼといった酵素が豊富に含まれているので、天婦羅や焼魚、焼肉と一緒に食されることが多いのですが、この酵素は熱に弱いため、生のままでないと効果が無い。

辛味成分も同様に熱に弱いため、大根おろしをうどん等に入れると、辛味成分は抜け甘味だけが2倍になる。

大根おろしの辛味

驚くことに、大根には辛み成分は無く、大根を生で食べてもほのかな甘みしか感じない。

大根おろしが辛いのは、大根の中にあるグルコシノレートミロシナーゼという酵素が大根をおろすことで細胞が壊れ、混ざり合う事で化学反応を起こし、辛味成分であるイソチオシアネートが生成されて辛くなります。

大根の辛味成分の元になるグルコシノレートとミロシナーゼという酵素は、大根の先端程多く含まれていて、葉のある根元と先端では酵素の量が10倍も違うので、根元部分と使うと甘い大根おろしになり、先端部分を使うと辛い大根おろしになる。

また、成長とともに、辛味成分に変化するグルコシノレートとミロシナーゼは減少してしまうので、若い大根の方が辛くなる。

大根をおろすときは、皮部分に栄養成分や辛み成分の元の酵素が多く含まれているので、皮ごとおろすのが良い。

また、辛味成分や栄養成分は、大根の外側に多く含まれていて、中心には少ない。

大根おろしの作り方

大根おろしは、「怒りながら大根をおろすと辛くなる」といわれるように、荒目のおろし器で縦に繊維を切るようにガンガンとおろすと辛く美味しい大根おろしになる。

辛いのが苦手な方は、根元に近い部分を横に繊維を壊さないようにゆっくりとおろすと辛くない大根おろしになる。

大根おろしの辛さのピークはすりおろして5分後と言われ、それ以後は、徐々に辛みが抜けていく。

究極の大根おろし器

名前のとおり、鬼の歯のようなギザギザの歯部分が特徴の鬼おろし。

孟宗竹を割って削り出し、全て嵌め込みで作られた頑丈な逸品です。

私も使っていますが、荒くふわふわの辛すぎない大根おろしが食べられます。

まず使って驚くのは、水分が出ず、シャキシャキのフワフワな大根おろしになり、栄養成分を逃がすことなく食べられます。

何といっても、大根おろしに対する評価が必ず変わりますよ。(私も今は大根おろしのトリコです。)

おろした大根の受けもあり、受けとのセットは3000円位になりますが、私の場合は、必要性を感じなかったので鬼おろしのみ購入しました。

スポンサーリンク

大根おろしに医者いらず

昔から、大根には色々な薬効があると言われています。

  • アミラーゼ(デンプン分解酵素)
  • プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)
  • リパーゼ(脂肪分解酵素)

これらの酵素により消化を助けるので、天婦羅や肉、魚と一緒によく食べられるのです。

イソチオシアネート(辛味成分)

  1. 解毒作用
  2. 殺菌作用
  3. 抗炎症作用
  4. 抗酸化作用

大根をおろすことで作られるイソチオシアネートには、上の4つの作用が認められています。

つまり、大根おろしにして大根を生で食べることで以下の効果が期待できるわけです。

  • 食中毒予防
  • 発がん抑制
  • 血栓予防
  • 消化促進
  • 美肌・アンチエイジング効果

 まさに、「大根おろしに医者いらず」の言葉通りです。

また、大根おろしの汁で口をうがいすると、殺菌作用により、口内炎や虫歯、歯肉炎に効果があります。(残念ですが、鬼おろしだと、本当に汁が出ないのでこれは無理かも)

そして、これまで上げた点を確認してみると、ダイエットにも有効なことが解りますよね。

最後に重要な事なので、もう一度、大根は生で食べることで消化によく大根おろしにすることで健康にもダイエットにも効果が表れる。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ