「灌仏会」「花祭り」お釈迦さまの誕生を祝う

サイト内検索

寺院によっては5月8日とするところもありますが、全国の多くの仏寺では4月8日に、お釈迦様の恩家にあやかり、子供の成長と健康を祈願する「灌仏会(かんぶつえ)」が執り行われています。

「灌仏会」とは本来、仏教を開いたお釈迦さまの誕生を祝福する法会(ほうえ)で、

スポンサーリンク

釈迦が苦行のすえ悟りを開いたことを祝う12月8日の「成道会」、釈迦が亡くなったとされる2月15日の「涅槃会」と並び、仏教における三大行事の一つとされています。

インド発祥の行事で、日本には中国を経由して推古天皇の時代に伝わり、平安時代になると宮中行事として執り行われ、その後全国の寺院へ普及しました。

「仏生会(ぶっしょうえ)」や「降誕会(ごうたんえ)」、「龍華会(りゅうげえ)」など別称が数多く存在しますが、現在では、浄土宗で名づけられた「花祭り」の名称で広く知られています。

釈迦の母親が里帰りする途中、ルンビニーと呼ばれる花園で休んでいた時に産気づき、その際、産湯として使うため、天から竜が降りて清水を注いだ、あるいは甘露水が降り注いだと伝えられています。

また、釈迦は生まれてすぐ、7歩あゆみ右手は天に、左手は地を差し「天上天下唯我独尊」と唱えたそうです。

「灌仏会」では、これら誕生時の逸話に基づいて、右手を天、左手で地を指す釈迦像を、花園に見立てた「花御堂(はなみどう)」に安置し、参詣人が「香湯」や「甘茶(あまちゃ)」を注ぎ礼拝します。

そのほか、地方によっては「草団子」をお供えしたり、子供達が舞踊や合唱などを行うそうです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ