おとなニキビが急増!ストレス、食事、大気汚染が原因?

サイト内検索

思春期にはほとんどの人が悩まされるニキビ。

それはホルモンバランスの崩れから起こる症状ですが、近年ニキビに悩まされている人の年齢層が上がっているようです。

専門家によると、昨年ニキビの治療に訪れた人の3割は35歳以上だったというのです。

バランスの悪い食事、ストレス、大気汚染によってできたニキビの治療のために専門医を訪れた人は、一昨年と比べると2倍に増えているそうです。

通常皮膚に問題を抱えるのは思春期が最も多いのですが、現代の生活では中年になって悩まされる人が急速に増えているのです。

皮膚科医が発表した調査結果では、昨年ニキビの治療に訪れた人の数は2倍以上に増えており、その3割が35歳以上だったそうです。

また、そのうち9%の患者は55歳以上であったといいます。吹き出物はティーンエイジャーだけの問題だという神話を払拭されましたね。

調査に参加した皮膚科医によると、4人に1人はストレスによるホルモン異常がニキビの主な原因だと言いますが、それ以外に影響しているのがジャンクフードや糖分の多いスナック菓子の摂り過ぎによるものだそうです。

患者の84%が女性とのことですが、キャメロン・ディアスやケーティ・ペリーなどハリウッドセレブも肌のコンディションに悩まされているようです。

ニキビとニキビ痕の治療は、皮膚の一番上の層を剥がす皮膚剥離と、部分的に行うレーザー治療があります。

またケミカルピールや皮膚組織のコラーゲンの生産を刺激するマイクロスコープ針を使った治療も人気が出てきているようです。

レーザー治療や注入治療はニキビ痕を薄くするために良く使われる方法ですが、同時に重大なリスクもあるので必ず資格のある専門医を訪ねましょう。

事前にリサーチを行い、その医師が必要なトレーニングを受けているかどうか必ず確認することも大事です。

また私もやりがちなのですが、特別ディスカウントやスペシャル・キャンペーンなどに惑わされないように気をつけてくださいね。

年齢に関係なく、ニキビは自信や自尊心に強い影響を与えかねません。

バランス良く食べ、十分な睡眠をとり、ストレスをためないことがニキビを防止する大事なポイントです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ