お月見、中秋の名月、十五夜の違いについて

サイト内検索

同じような意味で扱われることが多い「お月見」、「中秋の名月」、「十五夜」ですが、本来の意味はそれぞれ少し異なります。

「お月見」は、満月を眺めて楽しむことを意味し、主に旧暦8月15日の「八月十五夜」と、旧暦9月13日の「九月十三夜」を指すことが多いようです。

スポンサーリンク

縄文時代の頃から月を愛でる習慣があったと推測されており、平安時代には、名月の日に街を挙げて夜通し騒ぐ中国の風習が伝わり、詩歌や管絃を楽しみつつ酒を飲む雅な催しが貴族社会で行われていました。

「中秋の名月」は、旧暦8月15日の「八月十五夜」の月ことを言い、新暦に直すと9月7日から10月8日の間に訪れる、満月の日のことを指します。

「仲秋」と表記されることもありますが、「仲秋」とは旧暦8月のことを指すため、十五夜の月に限定されなくなります。

中秋の夜に月を眺めることを「観月(かんげつ)」と称し、また、雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼ぶそうです。

旧暦では新月になる日が月の始まりとされ、月の周期は約30日で繰り返されるので、必ず15日ごろに満月を迎えることになります。

そのため、「十五夜」とは満月のこと指すようになり、「十五夜」に月を眺めることが「お月見」となります。

しかし、単に「十五夜」と言う場合は「八月十五夜」と解釈されることが多いので、「十五夜」と「中秋の名月」は同義として扱われ、また、子供でも呼びやすく広く普及している「お月見」も、現在では「八月十五夜」のことを指すことが殆どです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ