サッカーの王様、ペレの息子は刑務所に

サイト内検索

サッカーの王様ペレの息子は刑務所に、ペレは尿路感染症が回復

ブラジルだけではなく、全世界のサッカーファンなら誰でも知っているサッカープレイヤー元ブラジル代表のペレ氏(74)が尿路感染症で入院していましたが、様態が良くなり、回復に向かっていて抗生物質を継続して投与しています。

スポンサーリンク

息子エジーニョ被告(43)は麻薬資金組織の資金洗浄等に関与

一方ペレ氏の息子エジーニョ被告(43)は麻薬資金組織の資金洗浄等に関与しているとして禁錮33年をブラジル司法裁判所から言い渡されていますが、本人の弁護士がこれを控訴、身柄は拘束されていませんでしたが、12月3日に、ブラジル司法裁判所から逮捕状が届き再び、刑務所に入ることになったペレ氏の息子エジーニョ被告、生い立ちはブラジルリオデジャネイロの市内で、父親の影響も有り、ブラジルサッカー業界でも名門サントスでゴールキーパーとしてのポジションについていました。

引退後はコーチを務めるなどして活躍していましたが、麻薬密売組織の資金洗浄容疑で身柄を拘束され、禁錮33年の実刑判決を言い渡された場合、ブラジルの法律ではこの33年の期間の半分を刑務所で暮らすことになります。

また担当の弁護士が最高裁まで控訴していくことが出来ますので、刑期は33年と言い渡されていますが、弁護士によってはこの景気が2年、3年まで下がる可能性もあります。

スポンサーリンク

ブラジル国内の刑務所内の危険度

問題なのはブラジル国内の刑務所の治安が悪いこと、毎年多くの受刑者が刑務所内で亡くなっているブラジルですが、ブラジル国内の刑務所内で、多くの著名人がなくなったり格闘技の選手が亡くなったりします。

そのためペレ氏の息子エジーニョ被告もなんとか刑務所は免れたいところ、ブラジル司法は時間もかかり、被告サイドにとっては精神的にも疲れる司法です。

サッカーの名家とも言われるペレ一家は今が正念場です。

しかし彼の残した形跡はブラジル国内だけでなく、世界的にもサッカーファンから支持されています。

そのため今後の活動からも目が離せません。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ