自分のペットが他人のペットや人間を襲ったら?

サイト内検索

カナダ•バンクーバーの学生バハラ•ラヒミは、ある夜近所のドッグパークでペットのヨークシャテリアの散歩をしていました。

そこへ一組のカップルがエアデール•テリアの散歩にやってきました。

エアデール•テリアの飼い主はバハラに、“この犬は少し乱暴だから気をつけて。

でも社交性を養う為に散歩に連れて来ているんだ”と話している間に、エアデール•テリアはリーシュから逃れ、ヨークシャテリアのリリーに襲い掛かったのです。

スポンサーリンク

お腹を噛まれ引きずられたヨーキー、リリーは、肋骨が折れ隔膜がダメージを受け、内臓がほとんど出てしまうほどでした。

カナダ西獣医学専門家グループ(CWVS)は、「リリーは助かるが、手術には1万カナダドル以上(日本円で100万円以上)はかかる」と言っています。

CWVSが手術費の半分をカバーすることをオファーしてくれましたが、残りの5000カナダドルはバハラが負担しなければなりません。

バハラはまだ学生、授業料を賄うだけで精一杯です。

結局コストをカバーする為にGoFundMeページで寄付を募ることにしました。

事件を起こしたエアデール•テリアの飼い主はパークを去る前、ツーリストで名前はリン•エメリーだと言ったそうですが、バンクーバーのアニマルコントロールオフィスが現在行方を捜しています。

現在のところまだ連絡は来ていないそうです。

またイギリスでは、生後3週間の赤ちゃんが自宅で父親のペットに噛まれ亡くなりました。

パターデールテリアに襲われ、そのあとすぐに救急病院に搬送されましたが、赤ちゃんは助かりませんでした。

当時赤ちゃんのベビーシッターをしていた30歳の男性が逮捕されましたが、のちに保釈金を払い釈放されています。

ペットを飼と決めたら、きちんとトレーニングをするのは飼い主の義務です。

スポンサーリンク

日本でも数匹のシェパードが人間を襲ったという事件があったばかりです。

飼っているペットが人間や他人のペットを襲った場合は、飼い主がきちんと対処し、怪我をさせた場合は医療費を支払う責任があります。

ペットをきちんとトレーニングするのは、子供のしつけをするのと同じです。

子供は20歳を過ぎたら大人、自分の責任は自分で取らなければいけませんが、ペットはいくつになっても飼い主が義務を負うことになるのです。

それを十分承知した上でペットを飼ってもらいたいものですね。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ