11月20日はピザの日!イタリア王妃の誕生日

サイト内検索

11月20日の「ピザの日」は、イタリア文化のシンボルであるピザをPRする日として、印刷業界をリードする凸版印刷によって1995年(平成7年)に制定されました。

スポンサーリンク

11月20日という日付は、ピザの原型とされるピッツァ・マルゲリータの誕生に深く関わる、19世紀にイタリア統一をしたサヴォイ家の王妃・マルゲリータの誕生日に由来しています。

1889年に王妃がナポリを訪れた際、地元の有名料理であるピザが食べたいと所望しました。

すると当時名を馳せていた有名なピザ職人は、イタリア国旗のカラーを模して、緑のバジル、白のモッツァレラチーズ、赤いトマトをトッピングしたピザを献上します。

王妃がこのピザを大変気に入ったことから、王妃の名を冠したピッツァ・マルゲリータは誕生しました。

これらの出来事と前後するように、ピザはイタリア系移民によってアメリカへ渡り、1905年にはアメリカ初のピッツェリアがニューヨークに開店しています。

当初はそれほど話題にはなりませんでしたが、第二次世界大戦でイタリアに行ったアメリカ兵たちが、現地で食べたピザの味を求めて急速に普及していき、1958年には日本でもおなじみの「ピザハット」が創業しています。

日本のピザといえば宅配が主流ですが、この宅配システムを考えたのは、「ドミニックス・ピッツァ」という、ミシガン州の小さなピザショップで、注文を受けてから30分以内に届けることが出来ない場合、50セント割り引くサービスを始めました。

このピザショップが、現在世界60カ国で10,000店舗以上を展開している「ドミノ・ピザ」の始まりです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ