PS4がPS3から大幅にパワーアップした理由

サイト内検索

PS4が新たにリリースされ世間で、多くの話題を呼んでいます。

そのため非常にリアルに、また仕様容量もパワーアップされ多くの話題を呼んでいます。

利用者にとっては2013年11月15日にアメリカでの発売から2014年になって日本でのリリースになりました。

発売24時間で100万台以上販売し、話題を呼んでいます。

「シェア」機能はインターネット回線を使用して、友人との間やネットで、使用することが出来るようになります。

PlayStation Plusに加入していればプレイヤーは、「オンラインマルチプレイ」対応でリージョンフリーですので、各国でプレイすることが出来るようになります。

DirectX 11を採用

よりリアルで迫力の画面を演出するためにPS3のDirectX 9からパワーアップしました。

そのため非常にリアルに忠実に表現をする事ができ、映像クオリティのパフォーマンスを上げています。

グラフィックの解像認識スピードが早く、スピードのある臨場感が溢れるゲームを楽しむことが出来るようになります。

低発熱な4コア、Jaguarを2基

低発熱な4コアをaguarを2基搭載していますので、非常に低消費電力でスムーズにゲームを楽しめます。

本体自体も低消費でエンコーダー・デコーダーを搭載し、オーディオチャットなども使用できます。

Music UnlimitedやVideo Unlimitedに対応

Music UnlimitedやVideo Unlimitedに対応することで、ゲームをプレイしている際にはバックグラウンドで好きな曲を再生出来ます。

本機ではソーシャル・ネットワーキング・サービスとの連携も行われているために、プレイしているゲームの内容をネット上で公表することが出来るようになります。

そのためプレイランキングや景品獲得サービスやポイントサービスを利用することも可能になりますので、柔軟にネットの繋がっている環境に適応することが出来るようになります。

AMD 、Jaguar、8コアでメインメモリーは8GB で十分に魅力的なゲームをあのしむことが出来ます。

今現在では多くの国で販売されていてバラエティが豊富な機種です。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ