レアメタルなど有利に回収できる新システム

サイト内検索

芝浦工業大学は研究に研究を重ねることでストイックな研究家がいることでも有名だが、レアメタルなどを効率よく回収する技術を研究してきたグループもある。

レアメタル、レアアースを含む再生可能な金属類などの分類を行うことができ、有利に回収を行っていくことができる。

スポンサーリンク

またシリカ系ガラスなど金属以外の各種廃棄物も同時処理を行うことができるようだ。

世界的に希少と言われているレアメタルを上手に回収できるシステムは世界でも未だにない。

リサイクルが必要と言われる時代に、このようなシステムを導入して、排気所からリサイクルを行うことができるようになる。

またその回収率もかなり高く、特殊金属、新金属として希少価値の高いレアメタルである。

液晶ディスプレイやブラウン管、蛍光灯、蛍光管などの中に含まれている金属である。

今までにレアメタルの回収はほぼ手で行われてきた。

機会が認識するには他の鉄や、他の素材との見分けをつけることが難しかった。

そのため合理的にレアメタルを回収する際にはしっかりとした技術、同研究グループは、機器の粉砕から金属回収、廃液回収までを一括で行う装置の開発を目指す。

様々な企業との連携を図っていき、そのシステムを十分に利用していくことがを検討していくようだ。

スポンサーリンク

また今後も同チームはレアメタルだけでなく、様々な物質を、システムによって分別をすることができる新システムを開発を考えているようだ。

このシステムを実践的に使用して社会貢献をしていくことができるように準備を整えていく。

さまざまなマテリアルを再利用することができるようになれば、ゴミも資源として多くの物質が再利用できる日が来るだろう。

レアメタル、レアアースを含む再生可能な金属類などの分類をし再利用することが出来れば永久的に持続性のある素材として、更に注目することができる。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ