「信玄公祭り」山梨県の歴史好き必見イベント!

サイト内検索

武田信玄の命日である4月12日より前の金曜日から日曜日にかけて、山梨県のJR甲府駅を中心とした会場で行なわれている「信玄公祭り」は、信玄公の遺徳を偲ぶと共に県と甲府市のPRも兼ねた市民参加型のイベントです。

メインイベントは、土曜日の夕方より行われる時代行列の「甲州軍団出陣」で、

スポンサーリンク

県内各地から舞鶴城公園に集結した1,600名もの人々によって、信玄公と武田二十四将を中心に「風」「林」「火」「山」の各軍団が編成されます。

これは、甲斐の大名である信玄と越後の大名上杉謙信との間で、北信濃の覇権を巡って5度にわたって行われた「川中島の戦い」の中でも、最も大規模な戦いとなった「八幡原の戦い」への出陣の様子を再現しようとするもので、赤々と燃えるかがり火が燃え、「風林火山」の旗がはためくなか、鎧兜で身を固め槍や弓、鉄砲を持った大勢の武者達が立ち並ぶ様子は、まるで戦国絵巻から抜け出たような荘厳さです。

「信玄公祭り」の発祥は、観光協会や商工会議所らが主催した「桜祭り」にあり、花見を中心に観光業の振興を図ろうと1947年に開始されたものです。

「桜祭り」は、信玄を祭神とする「武田神社」によって創建当時から続けられている「例大祭」の日程と重なっていたため、大祭の神輿巡行に合わせ、甲冑姿の騎馬行列が参加するというイベントを行っていました。

その後、歴史的観光資源として信玄が注目されるようになり、1966年に伝統的祭礼や様々な催しを取り込んだ第1回「甲府信玄祭り」が開催され、大河ドラマの影響や自治体の協力などもあり、今日まで続く大きなイベントへと成長しました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ