恋愛依存症で悩む女性たち

サイト内検索

好きすぎてたまらなくて自分の方に振り向いて欲しいからライバルを殺してでも・・・

というようなヤンデレな気持ちの症状は一部であって全てではありません。

恋愛依存症は、自分の心が関係する重い症状で最近では若い女性を主に悩ませつつある心の病です。

恋愛依存症とは

恋愛依存症とは、恋愛がないと生きられない症状です。

時に自分の価値を決めることに恋愛を使ったり、自分の恋愛基準を相手に押し付けるような行動をとってしまいます。

例えば自分がどんなにいい女なのか恋人の人数で表すようになり二股、三股してしまうようになることも恋愛依存症です。

これは自分の価値を他人任せで決めてしまうので、「自信のない人」が陥りやすいケースです。

また恋人を束縛することが安心になる人も要注意です。

メールの返事が遅いので「愛されていない」と思ってしまうように恋人が自分の期待に常に応えてくれると思っているのでしょう。

他にもDVよりも別れるほうが辛い、思い込みが激しいなどよくある女性の恋愛感情でも度が過ぎると依存症の可能性があるのです。

恋愛依存症を克服する

恋愛依存症は、恋愛ではない方向へ目を向けることが克服につながります。

自分の趣味を見つけることで自分の生きる道を増やすことができ、恋愛から目を離すこと。

自分は恋愛依存症だからイライラするんだと理由をつけて、恋人からのメールの返信を気長に待つこと。

自分ひとりまかなえる経済力を身につけることで、DVから脱出することができますし、なにより生きていく自信になります。

自分の価値は、自分が決めていいのです。

モラハラ、DVに悩まない生活を体験することで自分の価値がわかってきます。

それによって恋愛依存症を克服することができるのです。

恋愛依存症は、自分に自信のない人、罪悪感を感じやすい人のような心が不安定な人に起きる症状です。

健康な心をもって恋愛に挑めば成功する確率もアップするのかもしれません。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ