11月17日は「蓮根の日」秋から冬にかけて旬

サイト内検索

1994年(平成6年)の11月17日、茨城県土浦市に全国のレンコン産地の代表が集まり、「蓮根サミット」が開催されたことを記念して、11月17日は「蓮根の日」に制定されています。

スポンサーリンク

レンコンの作付面積、出荷量ともに茨城県が全国トップで、特に土浦市、かすみがうら市などで盛んに栽培されています。

そのほか、徳島県鳴門市、愛知県愛西市なども一大産地として知られていますが、近年では、中国産の安価なレンコンも多く流通しています。

夏に白や薄紅色の大きな花を咲かせるハス(蓮)を水田で栽培し、肥大した地下茎をレンコンと称し食していますが、レンコンを食用としているのは日本、中国、インドなど、世界でもごく少数の国々だけだといいます。

日本では、奈良時代に食用として中国から伝わり全国へ広まりましたが、当時の在来種は収穫量が少なかったため、本格的な生産が開始されたのは、中国種が導入された明治初期以降とされています。

7月の下旬頃から早掘りのレンコンが出回り、翌年の5月頃まで出荷されますが、旬は11月~3月頃で「蓮根(はすね)掘る」は冬の季語となっています。

輪切りにすると穴が多数空いていることから、「見通しがきく」縁起物として扱われており、おせち料理に欠かせない食材の1つとなっています。

また、レンコンは脂質がほとんど無いので、きんぴら、天ぷら、はさみ揚、レンコンチップスなど、油を使用した調理法と相性が良いとされています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ