リオデジャネイロオリンピックへの期待と、問題点

サイト内検索

ブラジルでのFIFAワールドカップを終えたブラジルは大統領選挙が10月にあり、現時点の大統領が続行することになりました。

しかし大統領選の前に大統領候補暗殺等も有り、かなり緊迫した状況の中続投することになった現ブラジル大統領、ジウマ政権ですが、ここで2016年にもオリンピックを控えています。

スポンサーリンク

オリンピック開催国、ブラジル国内の犯罪率は

未だにブラジル国内の犯罪率は他の国に比べて非常に高いです。

そのためブラジルで行われる予定のオリンピックも治安的な問題があります。

また未だにオリンピック開催地のリオデジャネイロでは多くの強盗団が住んでいて、外国人ツーリストの安全面でも問題があります。

そんな中、五輪を2020年に控えた日本からの視察団がブラジルを何度もおとづれています。

そのためリオデジャネイロの治安や、コンディションの問題が有り、解決するにはまた時間が掛かりそうです。

ブラジル国内の電気代が20%以上も上がる

そんな中、ブラジル国内の電気代が20%以上も上がるなど、経済は上がるものの国の制作としてはかなりの税金を国民が支払わなくてはならない国でもあります。

国内の輸入品には40%以上の課税をかけるほど、輸入品などは高級品として扱われているブラジルです。

インフラも進まない中、今後の2016年の五輪への期待が高まります。

スポンサーリンク

ここでJALからサンパウロへのダイレクト便が続投することになり、ブラジル、日本間で格安でチケットを販売しています。

しかしブラジルに入るには日本人でもVISAが必要になりますので、BRASIL大使館でVISAを発行することが第一です。

多くのビーチと、美味しいフルーツを抱えているブラジルですが、治安に置ける問題点が残ります。

国が誕生して500年の国でも有り、法律が良く届かず、犯罪が野放し状態になっているデメリットも持っている国です。

治安の問題点を早期に解決し、2016年のオリンピックまでもスムーズに開拓を行っていくことが大切です。

また政治家の汚職問題なども勃発している国で、多くのスラム街を未だに抱えている国でもあります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ