サードウェ−ブ・コーヒー日本上陸、コーヒー文化に新しい波

サイト内検索

1990年後半からアメリカで始まった新しいコーヒー文化の動き、サードウェーブが日本にも上陸しました。

3回目のコーヒーブームであるサードウェーブ、今までのコーヒーとは何が違うのでしょう。

コーヒーブームの波

1回目のコーヒーブーム到来は1960年代、日本の一般家庭でも職場でも気軽にコーヒーを飲めるようになりました。

スポンサーリンク

当時は喫茶店でアメリカンコーヒーやブレンドコーヒーを飲むのが流行っていましたね。

浅煎りのアメリカンコーヒーに飽きてきた1970年代に入ると、深煎りコーヒーブームが起こります。

シアトル系コーヒーの元祖であるスターバックスが開業し、エスプレッソにミルクをあわせる「カフェラテ」を売りに、大きな2回目のコーヒーブームとなるセカンドウェーブの動きを産みました。

セカンドウェーブの特徴は、コーヒー豆の銘柄がキリマンジャロ、コロンビア、ブルーマウンテンなど国名や地名で表示されていたことです。

3回目のコーヒーブームとなったサードウェーブは、コーヒー豆を国単位で表示するのではなく、豆を生産する職人や農園を重視し、豆が持つ本来の味やフレーバーを最大限に引き出す淹れ方をも追求する新しいコーヒー文化です。

一つの苗木から収穫されたコーヒ−豆だけを使用する「シングルオリジン」のコーヒーは、生産された地によって味わいが異なるワインのように、ブレンドコーヒーにはない、独特の個性や風味を味わえるのが魅力だそうです。

カフェ文化

昭和の時代に始まった日本の独特な「喫茶店文化」、その後「カフェ」へと移り変わり、今では私達の生活と切り離すことができないほど定着しました。

日常を忘れさせるお洒落な空間「カフェ」に、コーヒー文化の新しい風を吹き込んだシアトル系コーヒーチェーン。

エスプレッソコーヒーをベースにミルク、バニラ、キャラメルなどをミックスし、クリームやチョコレートをトッピングするなど、コーヒーのスウィーツ化を流行らせ、また家庭や学校、オフィスなどではない“第3の空間”を提供してくれました。

スポンサーリンク

そのコーヒー文化に第3の新しい波が到来したのです。

現在北米の家庭では、一杯抽出型のコーヒーメーカーを使用するのが主流になっています。

豆の品質や個性にこだわり、ハンドドリップで淹れたスペシャルティ・コーヒーをサービスするサードウェーブコーヒー。

あなただけの一杯を味わいたいなら、試してみる価値はありますよ!!

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ