サムスンのアンドロイドアメリカ市場の行方

サイト内検索

なんとサムスンがアップルに10億ドルの損害賠償金を支払う判決が下り、法的に特許侵害として裁判にめけてしまったのが、ノリノリの韓国企業のサムスンだ。

サムスンは常にアップル社のアンドロイドに対応してきた。

しかし利用者が好んで、アンドロイド機器の世界マーケットシェアを十分に記録したことも事実だ。

スポンサーリンク

営業利益大幅に上げたことも注目すべきではないだろうか、また安値で市場に商品を投入することが出来る製造力、大量にアンドロイドを生産し、世界マーケットをシェアに入れたことも功績でもある。

10年前にアメリカや、世界の企業マーケットを狙うために広告宣伝を盛んに行ってきたサムスンは次回はWindows Phone8搭載のスマートフォンやWindows RT搭載のタブレットを発表し、新製品にも力を入れている。

問題視されている面もある。

商品の耐久性やアメリカの裁判などマイナスな面も多く抱えている企業がサムスンでもある。

商品企画力にも×企業だがこの度はアンドロイドに関してはしっかりとした販売実績を持っている企業がこの会社だ。

スポンサーリンク

日本企業の課題は世界マーケットを手に入れること、しかし製造力での差が出ている日本製品は世界では高級品(値段が高い)共に製造コストも高く中国企業や韓国企業の値段では商品を販売することができない状態が続いている。

もちろんサムスンの製造コストも安いというメリットを持っているが、実際には広告費等に最も力を入れているようだ。

また商品の耐久性はそこそこだ。

壊れやすい商品も多々あるサムスン。

サムソンのパソコンが売れなかった理由は耐久性だ。

耐久性にかける企業で保証も曖昧な企業。

今後は企業としての価値を問われるのがこの企業だ。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ