さっぽろ雪祭り、北海道を代表する冬のイベント

サイト内検索

雪が降り積もる北国では、2月に多くのお祭りやイベントが催されていますが、さっぽろ雪祭りは、道内はもとより、日本全国や海外からも多くの人が訪れる、大規模な冬のイベントです。

1950年に札幌観光協会と札幌市の主催で、市内の中・高校生らによって、大通公園に6つの雪像を設置したことから始まりました。

スポンサーリンク

雪像のほか、歌謡コンクールや演芸大会、犬ぞりレースなども開催され、5万人あまりの人が来場する盛況ぶりで、翌年以降も継続することになりました。

その後、自衛隊が製作に参加し、大規模な雪像が立ち並ぶようになると、マスコミの取材や全国から訪れる観光客も増え、1972年に札幌冬季オリンピックが開催されたことを継起に、海外からの参加者や観光客も増加し、現在では約240万人が来場するイベントへと成長しました。

近年では3つの会場で、2月6日前後から一週間にわたって開催されることが多いようです。

メイン会場は、市の中心部を長さ約1.5kmにわたって東西に横切る大通り公園で、幅40mほどの大きなものから、2m四方ほどの小さなものまで、様々な雪像が立ち並びます。

第二会場は、郊外にあるコミュニティドームで、雪で製作したすべり台や迷路など、家族で楽しめる参加・体験型のイベント会場となっています。

メイン会場から程近いすすきの会場は、ネオンに照らされた氷の彫刻が100基ほど展示される、幻想的な雰囲気漂う会場となっています。

3会場とも地下鉄によるアクセスが可能なので、観光客も安心して楽しむことができます。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ