10月13日は「さつまいもの日」サツマイモを十三里と呼ぶ理由とは?

サイト内検索

江戸時代、サツマイモは栗に味が近いことから、栗の代用品のような扱われ方を受けており、主に蒸して食されていました。

スポンサーリンク

宝永年間(1704~1710年)の頃、京都に焼き芋屋さんが登場し、栗と九里(約35㎞)をなぞらえて、「九里にはやや及びませんが」という洒落で、サツマイモのことを八里半(約33㎞)と呼び、看板にも八里半と掲げていたそうです。

寛政年間(1789~1801年)の頃、江戸の町にも焼き芋が伝わり、京都と同様に八里半の看板を掲げられましたが、江戸から十三里(51㎞)ほどの川越藩(現:埼玉県川越市)で生産されたサツマイモが美味しかったことから、行商人が「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と川越産のサツマイモを褒め、これが洒落好きの江戸っ子に大ウケし、それ以降、サツマイモは十三里と呼ばれるようになりました。

10月はサツマイモの旬であり、十三里と呼ばれていたことから、市民グループ「川越いも友の会」によって、10月13日は「さつまいもの日」に制定されています。

茹でたり、蒸かしたり、焼いたりとシンプルに調理しても十分においしく、天然の甘みもたっぷりで子供のおやつにも最適なサツマイモですが、腹持ちがよく100gで約131kcalと低カロリーであることから、白米に変えて1日1回サツマイモを食すダイエットも、ひそかなブームとなってます。

また、ビタミンCやビタミンB6、食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長があることから、血圧降下や美容効果もあると言われています。

この日を機会に、秋の味覚・サツマイモを食してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ