世界のビール「ベストテン」

サイト内検索

断っておくが、このデータはユーロモニターとブルーンバーグがまとめたもので、ほかのデータではほかの結果出ていることを納得の上でご覽願いたい。

話はビールの話題、どうせ泡だらけの、見る間に消えてしまうものだが、それにしても、大方の予想を裏切る結果なことはたしかだ。

アメリカのビール飲みにとっては釈然としないだろう。

スポンサーリンク

ましてや、キリンだアサヒだ、サントリーだと口角泡を飛ばす日本のご同輩には到底「飲めない」話だ。

写真は2012年8月10日、中国は山東省青島での第23回国際ビール・フェスティヴァルの様子だ。

これで察しがつくだろうが、ともかく伺ってみたい。

世界でもっともポピュラーなビールは何だと思われる?

バドワイザーか、バッドライトか、キリンかアサヒか、それとも….?

十年前だったら、そんなところだったろう、金の話なら…。

ところが、金は動いている。

動いているのである。

次の10年間で中国がGDPで世界を制覇する。

購買力を係数にすれば今年にもアメリカを上回るのだ。

新しい金について回るのが人間、それもビール党だ。

ひとり頭で飲むビールの総量でこそアメリカがトップだが、総消費量となると中国がアメリカの倍は飲む。

1,110億パイント、60,566,000リットルだ。

位取りを間違えそうなとんでもない量だ。

そろそろいいだろう。

世界一のビールは Snow という銘柄だ。SAB Miller とChina Resources の合弁、CR Snow の製品。これが飲まれた量はバッドライトの倍、そのバッドライトは Tsingtao (青島ビール) の後塵を拜して3位だ。

アメリカのバドワイザー党には気の毒な話しがもうひとつある。

お好みのバドワイザーは技術的には、しばらく前からもうアメリカのビールじゃない。

ベルギーの Anheuser-Busch Inbev という会社が2008年に買収しているからだ。

スポンサーリンク

結びに、総量での2013年ベストテンを横文字でアップしておく。

  1. Snow
  2. Tsingtao
  3. Bud Light
  4. Budweiser
  5. Skol
  6. Yanjing
  7. Heineken
  8. Harbin
  9. Brahma
  10. Coors Light

もう一度断っておくが、これはどれだけ飲まれたか、ということで、旨いかどうかの話じゃないことをご承知願いたい。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ