世界最高齢者が、シカゴで長寿を祝う

サイト内検索

人間長寿の生物学的な上限は120歳だと言われるんだが、それにあと4年というジェラレアン・タリーさんが来月シカゴで世界一の長寿を祝う。

1899年5月23日生まれ、それまで世界最長寿のアーカンソーのガートルード・ウィーヴァーさんが

スポンサーリンク

今月116歳で亡くなられて、タリーさんは老年学研究グループのリストのトップに立った。

デトロイト郊外インクスターの平屋建てに住むタリーさんは、ロイターのインタビューに答えて、「いやいや、何ごとも天からの下されものじゃ」としみじみ語った。

ジョージア生まれのタリーさんは、夫のアルフレッドさんがフォードのプラントで働くために1935年にミシガンに移り住んだ。

アルフレッドさんは1988年に亡くなった。

家族5世代の長になったタリーさん、最年少の孫、2歳のアーメル・ハロウェイちゃんとマクドナルドのパイを分けあいながら、「なんてったって気分がいい。最高な気分じゃよ」と語った。

タリーさんはランドリーで洗いとアイロン掛けを仕事にしていた。

今は77歳の娘、テルマ・ハロウェイさんと暮らしている。

部屋にはマーチン・ルーサー・キングとジョン・F. ・ケネディーの写真が壁に掛かっている。

ハロウェイさんは

「母は黒人の大統領が生まれるなんて、とても考えられなかったって話してます。びっくりしたって。とても起こるはずのないことが起こったって、驚いていました。歴史だねえって、しみじみ言ってます」

と語った。

スポンサーリンク

ハロウェイさんによると、タリーさんは104歳でボーリングを楽しむほど活動的だった、という。

116歳の誕生日には連れだして盛大にディナーを食べる予定だという。

タリーさんは今は家にいることが多くなってはいるが、まだ折々にご近所に顔を出し、教会の行事にも參加、教会の最前列には彼女の定席がある。

釣り好きで毎年出かけるが、今年は6月にでも連れだそうと考えている、とハロウェイさん。

長寿もこう活動的なら生き甲斐があるというものだ。

寢たきりの116歳ではないところが素晴らしい。肖(あやか)りたいものだ。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ