「仙台七夕まつり」の由来と歴史、夏の風物詩

サイト内検索

一般的には、7月7日に七夕を祝う地域が多いようですが、かつて七夕は、お盆行事や収穫祭としての意味合いがあったこと、また、できるだけ旧暦に合わせて季節感を損なわないようにしたい、などの理由から8月に行うところもあります。

「日本三大七夕祭り」の一つとされる「仙台七夕まつり」も、

スポンサーリンク

一月遅れとなる8月7日を中日として、6日から8日の3日間に渡り開催され、長い歴史を有する伝統行事として市民から親しまれています。

設置される七夕飾りは3,000本とも言われ、絢爛豪華な飾りが見られる市街地中心部をはじめ、市内各地が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされます。

お祭り前夜に行われる「仙台七夕花火祭」のほか、お祭り期間中は、さまざまなイベントも多数開催されており、例年200万人以上の見物客が押し寄せています。

藩祖である伊達政宗が、七夕を奨励したことが祭りの由来とされ、江戸時代の中頃には、藩を挙げての一大行事へ発展していきました。

明治に入り太陽暦(新暦)が採用されると、七夕を祝う風習は廃れ始めますが、この状況を憂えた商店街の有志らが、1927年(昭和2年)に大規模な七夕飾りを設置すると、大勢の見物客が詰め掛ける盛況ぶりを見せます。

その後、月遅れとなる現行の開催日に行われるようになり、華麗な飾りつけを施す商店街を挙げてのイベントへと転換していきました。

戦時中、仙台は空襲を受け街は焼け野原となりましたが、戦争終結の翌年には、52本の竹飾りで仙台七夕は復活し、その翌年となる1947年(昭和22年)は、昭和天皇が巡幸されたことから、5000本もの竹飾りが並べられたそうです。

高度経済成長以降は、全国各地から団体旅行客が集まるお祭りへと変貌し、「東北三大祭り」の1つに数えられるようになりました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ