本来、節分とは、季節を分ける日の事で、日本の四季の分だけあるわけです。

季節の最初の日である、立春、立夏、立秋、立冬の前日が、本来の節分です。 四季にちなんで、4回あるはずなんです。

でも、現在では、節分と言うと、2月3日ですよね。

他の3個の季節は、節分とは、聞いていませんよね。

何故、そうなったのでしょうか? 不思議ですよね。

これは、私の勝手な解釈ですが・・・

1年の初めは、1月ですが、春夏秋冬と言うように、最初の季節は、春なんですよね。

1年の始まりが、春なんです。

生の始まりも、春からですよね。 枯れ木が葉を出し、新しい命が動き出す季節と言う事なんですかね。

学校や会社の入社等を考えると、納得できますよね。

スフィンクスの謎かけ!って知ってますか?

朝には4本足、

昼には2本足、

夜には3本足で歩くものは何か?

答えられないと、スフィンクスに食い殺されるらしいですよ!

では、食い殺されないように、答えを教えます。(^_^)

答えは、人間です。

生まれたときは、4つんばい、成長すると、2本足で歩く、年を取ると、杖を使うので、3本足 と言うことだそうです。

考えてみると、四季も同じですよね。

・春は誕生の季節

・夏は活動の季節

・秋は終わりの季節

・冬は死の季節 この輪廻なんでしょうね。

話が飛んだので、戻しましょう。

豆撒きの意味

豆撒きの意味は、昔から、季節の変わり目に、邪気(鬼)が生まれるという言い伝えがあり、その邪気払いです。

何故豆かと言うと、宇多天皇の時代に、鬼が現れ、煎り豆(大豆)で、目を潰し退治したという伝説があり、豆(魔目)を鬼の目に投げつけ、邪気を滅するというととになったらしいですよ。

節分の豆撒きは、(鬼は~外~、福は~内~!)みたいな掛け声で、豆を巻きます。

地方によって違うとは思いますが、僕の家では、そう言ってました。

鬼を外に追い出して、福を家に招き入れる!そういう掛け声ですよね。

1年の最初の季節なので、豆撒きで、邪気払いと、招福を願ったんでしょうね。