神童かIT時代の鬼っ子か?

サイト内検索

いや、茶化しているわけじゃない、マジにそう思わせるような話なのだ。

11歳の女の子が大学へ行くという。

母親がコンピュータ・エンジニア、父親がソフトウェア・エンジニア、二人の子ども、リア・チェルヴちゃん11歳の話だ。

この子がこの秋、アリゾナ州立大学へ行くことになるんだが、そこに行くまでの経緯をお話ししよう。

スポンサーリンク

両親はリアちゃんは4歳で最寄りのニュー・ヴィスタス・アカデミーから「幼稚園を飛び越して3学年へ進むよう勧められたという。

両親は、突然そう一飛びに進級するのはどうかと思ったという。

そこで両親は2008年、 Arizona Connections Academy (ACA) というオンラインの「学校」へ一学年から入学させた。

翌春、一般の学校へ行かせたらどうなるか、ということか、両親はリアちゃんをACAの授業を2ヶ月分残してハイランドパーク小学校の4年生に編入、そのままそこでその学年を済ませた。

学校から帰ったリアちゃんに聞くと、「授業が退屈なの」。

どうやら先生たちもそれに気づいていて、翌年はどの学年が適当かを改めて調べようと、適性テストを行ったのだ。

結果は6学年がよかろうという結論が出た。

リアちゃん、まだ6歳の時だ。

両親は考えた。

そしてリアちゃんをACAへ戻すことに決めた。

リアちゃんはそこで10学年まで済ませ、その時点で受けた能力検定試験で卒業に値する結果を出した。

こうしてリアちゃんは11歳にしてACAを卒業したのだ。

ほかの11歳の子どもと同じように、リアちゃんは朝起きて顔を洗って支度をして学校へ行く。

学校といっても家の中にリアちゃんのためにしつらえた部屋だ。

この春、ここを卒業したリアちゃん、秋からアリゾナ大だ。

コンピュー・サイエンスを專攻する。

スポンサーリンク

「オンラインの学校は私の経験を深めてくれるわ。いろんな学校へ行ってみたけど、ここが私はぴったりなの」、とりあちゃん。

リアちゃんは賢いばかりじゃない、ピアノも弾くし歌も唄う。

ゴルフもテニスも好きだ。

みんなと混じって遊ぶのも大好き。

とくに好きなのがフィールド・トリップだ。

「学べて遊べるから!」、とリアちゃん。

将来は神経暗号学のキャリアを目指している、とリアちゃん。

この分野、neurocryptology というのだが、それがしには初耳の学問だ。

オンラインで教育された11歳の女の子が「生の」大学へズカッと入って入って、はたして「成り立つ」のかな、というのは下衆の勘ぐりというのか。

神童か鬼っ子か、の所以だ。

(太公望)

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ