米シティバンク銀行のリテールバンク事業譲渡、三井住友銀行

サイト内検索

米シティバンク銀行のリテールバンク事業譲渡、2兆4,400億円を三井住友銀行に譲渡することに合意、預金残高 2兆4,400億円で従業員は 約1,600名、店 舗 数32支店、インターネット支店、関西出張所含みます顧客数は約74万人です。

基本的にシティバンクの銀行のリテールバンク事業は海外のATMで利用可能なカード、他にも外貨運用商品や、海外のマーケット情報をしっかりサービスとして提供しています。

シティバンク銀行のリテールバンク事業は引き続き利用可能

シティバンク銀行のリテールバンク事業の商品サービスは、SMBC信託が事業を引き継いでも継続して利用していくことが出来ます。

背景にはシティバンクジャパンでの業績が関係していると考えられ、三井住友も、海外に預けられている日本の資金を取り戻そうという目論見の買収でもあります。

海外の銀行に貯蓄をしている日本人も多く、そのデータと、貯金管理を日本の銀行が行うことで、多くの日本人の資産を管理することができるという、銀行サイドの企業戦略でもあります。

またシティバンクがリテールバンク事業を売った背景には日本人の資産の減少等も、理由として上げることが出来ます。

今後のシティバンクの行方

長く続く経済低迷の中、日本人の資産は減少しています。

また無駄に上がり続ける増税によって日本人が今までに預けていたシティバンクの口座にもその影響が現れています。

このことから買収が進んだとの見解もありますが、このことが災いしてシティバンクは三井住友に買収されることにしたとの見解は強いです。

またシティバンクは管理費がかかり毎月3000円月末に引き落とされる口座管理維持費等もあり、口座を維持するばかりでなく、契約してから使用しない方も多くなっていたようです。

しかしシティバンクの魅力は様々な金融商品です。

シティゴールドカード等、クレジットカードの使用も引き続き使い続けていくことが出来ます。

しかし、カードの利用者には引き続きカードを使用していくことができ、利用者はそのままサービスを使用し続けていくことができるようになります。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ