ソニーがハッキング攻撃を受けて損害が出ている。

サイト内検索

ソニーのハッキング事件は2014年の後半から2015年の初めに事件として浮上した。

世界のハッキング集団で「平和の守護神(Guardians of Peace)」、が情報を盗みに来たのだ。

ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)の

社内ネットワークに侵入し、大切なデータをかなり抜き取った疑い、「金正日暗殺の」映画を公表したのもソニーピクチャーズで、北朝鮮からのハッカー攻撃として調査を進めている。

会社のデータを奪われるということは大切なデータを、他のライバル会社に渡して島疑いも有り、かなりのリスクでもある。

情報管理の時代において、顧客のデータが流出することも法的に問題がある。

顧客のデータをしっかり管理出来る信頼のおける会社がハッキングによって被害を受けてしまうことは近年よくあることだ、大手の企業は情報管理を、幹部の人間のみで管理したり、細かく気を遣う、しかしハッキングされ会社利用している

システムの中に入り込んでしまってからでは、遅い。

そのためソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)を含めて多くの企業で情報管理が当たり前の時代なのである。

貴重なデータはしっかり信頼できる管理者の下で管理されていくことが望ましい。

安定した環境で職場の情報セキュリティを守ることが課題で、ハッキングによるデータ流出を防ぐことは、今後の会社の為にマストである。

中にはハッキングによる顧客のクレジットカードのデータを盗み取るハッキングからのスキミング等もあるため銀行やクレジット会社もハッキング対策が重要な課題である。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ