「組織活性度」を計測できる新ウェアラブルセンサを開発

サイト内検索

日立ハイテクノロジーズが開発したデータ計測が可能なセンサは今までに多くあるが、この度は人間行動データを取得することが可能で分析、解析、組織生産性を実証することができる、

組織活性度を計測できるウェアトラブルセンサのようだ。

本格的に技術を持った機能である。

人の体に含まれる幸福感を調査することができる。

同社はこれまで展開している「ヒューマンビッグデータ/クラウドサービス」の新たなソリューションとして同製品を活用したサービスをさまざまな分野へ提供さ売ることを検討中だ。

リアルタイムにヒトの幸福感を調査することが出来、この調査結果を元に製品開発を行うこともできる。

日立ハイテクは、これら条件を用いてウェアラブルセンサを開発したように新たな分野での製品開発を行っていくようだ。

身体運動の特徴パターンから集団の幸福感を定量的に求める予測モデル。

利用者が必要な環境で機能することができる。

リアルタイムに定量、人の幸福感は組織の生産性においてもしっかりとした結果を出すことが出来る。

リアルタイムにヒトの幸福感を調査することが出来れば、個別にどのような事に感情や興味があるのかなども調査をすることができるようになるようだ。

日立が考案した身体運動の特徴パターンから定量化された幸福感は組織の生産性に強い漢検性を持っている。

生産性の高い感覚で、その組織の生産性に強い相関があることを突き止めたとしている。

同社はこれまで展開している「ヒューマンビッグデータ/クラウドサービス」の新たなソリューションとして同製品を活用したサービスをさまざまな分野へ提供していくことになるようだ。

日立ハイテクは、これら条件を用いてウェアラブルセンサを開発したように新たな分野での製品開発を試みている。

日立ハイテクノロジーズは、テレビ会議システム「ハイテクビジョン」や高速アミノ酸分析計等が売りの商品だが、様々なイノベーションを持っているようだ。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ