相続の際には葬儀費用が控除の対象に

サイト内検索

相続を行う際には被相続人から相続する際には税金がかかるようになります。

税金がかかるのは、車、貴金属、宝石、等様々なものにかかります。

また不動産(土地や家)にも税金がかかることになります。

非相続人の葬儀の香典や霊前は、基本的に葬儀費用になりますが控除の対象になり節税することが出来ます。

スポンサーリンク

葬儀費用に含まれないものは

葬儀費用に含まれないものは初七日・四九日法要費用、遺体解剖費用、墓地整備買入れ費用、仏具代等になります。

全てが控除の対象になるわけではないので注意しましょう。

条件が整えば、一部の葬儀代金を非課税にする事も出来ますので十分に節税に活かすことが出来ます。

生前贈与も非課税になります

生前贈与も非課税になります。

毎年110万円までであれば非課税になりますが生前に手続きを行うことが求められます。

相続の際には現金を受け取る時も相続税を支払うことになります。

生前贈与を10年間、相続人が非相続人から受けたときには1100万円が非課税になります。

このように税金に対しての国の借金が多くなり支払う義務が課されますが、節税を行うことで、相続の際に無駄に税金を支払わなくても相続手続きを行うことができるようになります。

スポンサーリンク

相続税の支払い

相続税の支払いは相続開始から10ヶ月後までに現金にて法務局へ支払うことになります。

そのため法務局への支払いまでに現金にて相続税を支払うことが義務付けられています。

そのため相続税の支払いをしっかりできるように、事前に相続税を用意しておくことが大切です。

不動産をお持ちの方は不動産を活用して相続税を準備している方もいます。

このように様々な節税方法がありますが、しっかり節税を行うことができるように税理士等専門家に聞いて見ることも大切です。

また弁護士や司法書士でも相続に詳しい専門家もいます。

しっかり節税を行うことができるように被相続人の資産の価値の分析から始めましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ