道明寺天満宮の「菜種御供大祭」菅原道真を偲ぶ

サイト内検索

祭神として天穂日命(あめのほひのみこと)のほか、学問の神様である菅原道真と、その伯母にあたる覚寿尼(かくじゅに)が祀られる、大阪府藤井寺市の「道明寺天満宮」では、道真が亡くなった忌日(きにち)を新暦にあわせた3月25日に、「菜種御供大祭(なたねごくうたいさい)」が行なわれています。

スポンサーリンク

「25」という数字は道真と縁が深く、6月25日に生まれ、1月25日に大宰府への左遷が命じられ、2月25日に同地で亡くなったことから、25日は天神(菅原道真)さまの日と古くから信仰されてきました。

お祭りは、大阪府の東部にあたる河内で、春の訪れを告げる神事として親しまれており、地元の人は「河内の春ごと」と呼んでいるそうです。

お寺がある地は、菅原氏の祖先とされ天穂日命の子孫であると伝承される、野見宿禰(のみのすくね)の所領地だったと言われており、伯母の覚寿尼が住んでいたこともあって、菅原道真はこの寺を故郷のように思っていたそうです。

大宰府へ下向した後、覚寿尼は道真が飢えないようにと、陰膳の飯を毎日据えていましたが、ある時その飯を粉にして、梅の実の形にした黄色い団子をこしらえたところ、病を完治させる効力があるとわかり、参拝者がこぞってそれを求めたことが、菜種御供大祭の起源とされています。

道真が大宰府に向かう途中、道明寺天満宮に立ち寄った際、一面に菜の花が咲いていたことから、お祭りでは菜の花が供えられるほか、蒸した米粉を成形してクチナシで菜種色に着色した団子が、前日の24日から翌日26日までふるまわれています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ