スキニージーンズは危険、医師が警告

サイト内検索

スキニージーンスを履く女性は、ボーイフレンドカットなど他のカットのジーンズをはく女性よりハッピーで自信がある、と以前調査結果が出ていました。

しかし、先日オーストラリアで長時間スキニージーンスをはくことにより、一時的に足の感覚がなくなった女性が報告され、オーストラリアの医師が警告を発しています。

スポンサーリンク

35歳のオーストラリアの女性は親戚の引越しの手伝いで、長時間しゃがんでキッチンの片付けをしていました。

時間が経つにつれ、履いていたスキニージーンズがどんどんきつくなっていくのを感じ、とても着心地が悪かったそうです。

その夜家に帰ると、彼女の足の感覚がなくなり、歩くのも困難になってしまいました。

そのため足がもつれ、床に倒れてしまったのです。

起き上がることができず、床に倒れたまま何時間も待ち、やっと家族に発見されたのです。

女性の足はあまりに腫れていたため、ジーンズを脱がすために切らなければならなかったほどです。

足首や指をきちんと動かすことができず、膝から下の部分の感覚が失われていました。

点滴が入れられそのまま入院し、4日後初めて普通に歩くことができたのです。

南オーストラリアのロイヤル•アデレード病院の医師は、きついジーンズをはき長時間しゃがんでいたため足の筋肉に血液を送る機能が減少したため、と言っています。

同時に、長時間の圧迫により下半身につながっている神経線維がダメージを受け、そのために足の感覚がなくなりコントロールできなくなったのです。

今回のケースは、きついジーンズをはくことによって起こった、新しい神経学的合併症だと医師たちは伝えています。

きついジーンズをはくことによって足の感覚がなくなり、4日間も歩けなくなるなんて、ちょっと考えにくいことです。

スポンサーリンク

でも今すぐスキニージーンズを捨ててしまう必要もなさそうです。

長時間しゃがんだり、膝まずいて作業をする場合は、きついジーンズを履くのを避け、足が痺れてきたら立ち上がり血液を巡らせれば良いのです。

きつい洋服を着ていなくても、長時間同じ体勢でいるのはよくありませんよね。

エコノミークラス症候群と同じことです。

お洒落も大事ですが、ファッションの犠牲になってしまっては元も子もありません。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ