ストレスから肌を守るための方法

サイト内検索

ストレスによる影響の感じ方は人によって千差万別です。

健康的な食事、エクササイズ、十分な睡眠、または瞑想なども身体に感じるテンションを減らす方法ですが、肌はどのようにケアをしたら良いのでしょう?

スポンサーリンク

ストレスは肌にどのように影響するのか

私達がストレスを感じると、“戦闘”又は“逃避”モードに入るように脳が神経系統にシグナルを送ります。

これが起こると、肌の機能に直接影響を与えたり、治癒させたりする血流にホルモンや化学物質が放出されます。

一言で言うと、ストレスは次の5つの方法で肌に影響を及ぼします。

老化の促進、吹き出物、刺激、不活性、乾燥です。

肌がストレスを感じると上手く機能しなくなり、バランスを崩し、文字通り肌は疲れきり、過敏になり、水分がなくなりカサカサになってしてしまうのです。

ストレスを受けた肌のケアの仕方

肌がストレスを感じていることを最初に発見できるのは、目の周辺です。

目の周辺の肌はとても薄くてデリケートです。

そのため、まず目にフォーカスをあててケアをしてあげると、違いは歴然です。

大抵は目が腫れぼったくなったり、目の下にクマが出来たり、しわが出来たりします。

腫れの原因になるので塩分の少ない食品類を摂るようにし、またカフェイン、アルコール、喫煙は停めて下さい。

これらのものは症状を悪化させます。

吹き出物が出ることもよくありますが、早く治したいからと言って色々な製品を塗リ過ぎるのは禁物です。

ニキビ肌もまた炎症を起こしており敏感になっているため、乾燥させないようにしましょう。

オイリースキンでも水分は必要なので、保湿は絶対に忘れないように。

スポンサーリンク

老化した肌がストレスを受けた時のケアの仕方

ストレスを受けると肌のDNAがダメージを受け老化を促進してしまうので、それを修復しなければなりません。

肌の活性化には植物の幹細胞、“植物のコラーゲン”が肌のDNAを修復してくれます。

またビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、ラズベリー幹細胞など、抗酸化物質を含む製品を使うと効果的です。

それ以外に肌に大事なこと

全体的なアプローチが必要です。

8時間の睡眠、健康的で栄養豊富な食事、1日2リットルの水、適度な運動、そして深呼吸をすること!シンプルなことがストレスの軽減に繋がります。

身体の内側をきちんとケアすると、外側にも表れるのです。

肌のケアに時間をとることで、贅沢でリラックスした時間が作れるのです。

そうすれば鏡の中に移る自分が以前よりも輝いて見え、それによってストレスが減ってゆくのです。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ