「御屠蘇(おとそ)」とは?正月の定番の酒

サイト内検索

正月に飲む日本酒を、御屠蘇だと解釈している人も多いかと思いますが、御屠蘇とは、薬草を日本酒やみりんに浸け込んだ薬草酒の一種です。

平安時代に中国から伝わり、主に宮廷行事に用いられ、江戸時代の頃より庶民に広まりました。

一年間の邪気を払い、家内の健康や長寿、幸福を願って元日から三が日の朝に飲むものをされています。

縁起物のため、お酒ではありますが、子供も口をつけるマネをさせるのが仕来たりとなっています。

御屠蘇には、抗菌作用がある「山椒の実」や沈痛作用がある「桔梗の根」、健胃作用がある「シナモン」など6~10種類ほどの薬草が用いられます。

胃腸の働きを活発にするものや、風邪の予防となるものが多く、酒やみりんに浸すことで、ぶどう糖や必須アミノ酸も合わせて摂取することができます。

自身で調合するのは大変そうですが、薬局などであらかじめ薬草がブレンドされたティーバッグが販売されているので、自宅でも気軽に作ることができます。

御屠蘇は、三つの杯を使って飲むのが正しい飲み方とされ、それぞれを1回ずつ、合計3回飲むことになります。

杯が1つの場合は、3回に分けて注ぎ、3回に分けて飲みます。

飲む順番は、若い人の生気を年長者へ渡すという考えから、その場にいる一番若い人が最初に飲み、飲み終えたら次に若い人へ御屠蘇を注ぎます。

また、飲む際に「一人これを飲めば一家くるしみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えるとされています。

近年、正月らしさが失われ、御屠蘇を飲む機会も減りつつありますが、健康のために一度試してみてはいかがでしょうか。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ