小正月に行われる「どんど焼き」「左義長」とは?

サイト内検索

現在でも全国的に行われている、伝統的な小正月の行事に「どんど焼き」・「左義長」があります。

呼び名は数多くあり、同じ町でも地域により異なる場合もあるそうです。

東海地方から西日本にかけては「左義長」が多く、その他の地域では、「どんど」や「とんど」、「どんと」、「どんだら」などと呼ばれています。

そのほか、「ほっけんぎょう」や「三九郎」、「かあがり」など、その地域特有の伝統的な呼び名もあります。

本来、行われる時期は、小正月である1月14日の夜から15日の日没まで、もしくは14日から16日とされていますが、これも地域により異なり15日前後の土日や、成人の日に合わせて1月の第2月曜日とする場合もあるようです。

起源は諸説ありますが、平安時代、宮中で陰陽師が吉書や短冊、扇などを燃やし、1年の吉凶などを占った儀式に由来すると考えられています。

一般的には、竹や木、ワラ、カヤ、杉の葉などで櫓(やぐら)を組み、正月飾りや書初めを燃やして健康を祈願し、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子や餅を焼いて食べることが慣わしとなっています。

歳神様を見送るための習俗であり、団子や餅を食べるのは、歳神様の恵みを体内に取り込むためとされ、燃えカスが空へ舞い上がる状態を見て、その年の運勢を占ったりすることもあるそうです。

また、火にあたると若返るとか、燃え残った木切れや灰は虫除けや火事除けになる、など一種のおまじないも各地で言い伝えられています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ