正月の期間に行われる、行事とその由来とは?

サイト内検索

1月の別称としては、家族が睦みあい新年を迎える様子を表す「睦月」がよく用いられますが実は「正月」も、本来1月を表す言葉として使われており、古くは31日までを「正月」としていました。

現在では、1日を「元日」、3日までを「三が日」、7日までを「松の内」と呼び、一般的に1月の第1週を「正月」と認識している場合が多いようです。

地方によっては、正月行事が行われる15日の「小正月」、または20日の「骨正月(二十日正月)」までを「正月」としているところもあります。

この期間、注連飾りや門松、鏡餅を飾るほか、おせち料理や雑煮、お年玉、初詣など、多くの行事がおこなわれます。

正月は、現在に受け継がれる最も古い行事とされ、元々は「お盆」と同じ意味合いがあったとされています。

お正月に行われる数々の行事は、ご先祖様をお祀りするためのものであり、一年の幸福をもたらす歳神様となったご先祖様を迎え入れるためのものです。

例えば門松や注連飾りは、歳神様を迎えるための依り代であり、おせち料理や雑煮、鏡餅、お年玉などは、歳神様へのお供え物としての意味合いがあります。

また、初詣は、ご先祖様の位牌が納められている菩提寺や、一族を守護する氏神様に新年の挨拶に伺うために行われるものでした。

現在、正月の行事は、簡略化されたり、面倒だからとやらない人も多くなりましたが、正月行事が持つ由来を理解し、伝統的なお正月を過ごしてみてはいかがでしょうか。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ