正月のおせち料理の意味と所以

サイト内検索

正月の料理といえば「おせち料理」ですが、本来おせち料理は、節句に作られる料理の総称であって、正月の料理だけを指す言葉ではなかったようです。

後に、節句のなかでも最も重要とされる正月料理だけを、おせち料理というようになりました。

起源は、平安時代や奈良時代まで遡るともいわれ、宮廷料理として振舞われました。

スポンサーリンク

現在のおせち料理の原形は、江戸時代に武家や庶民によって形作られ、重箱に詰められるようになったのは、明治時代からとされています。

おせち料理に、日持ちするものが多い理由として、主婦に休んでもらうためや、昔は三が日に休む店が多かったなどが挙げられますが、本来は歳神様を迎える正月に、台所へ入らず火を使わないようにするためだといわれています。

おせち料理は、地方や家庭によって献立は異なりますが、それぞれの料理や素材には縁起の良い意味や願いが込められています。

有名なものとして、「数の子」は子孫繁栄、「栗金団」は金運、「海老」は長寿、「黒豆」は無病息災を意味しています。

そのほか、「蒲鉾」や「なます」など紅白の食べ物は、赤色は魔除け、白色は清浄を意味し、縁起が良い物とされ、「伊達巻」や「昆布巻き」などは、巻物(書物)に通じることから、学問や文化の成就を意味します。

また、「鯛」はメデタイ、「豆」はマメに働く、「昆布」はヨロコブや子生婦など語呂合わせの食べ物も多くあります。

おせち料理を調理するときや食べるとき、一つ一つの意味を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ