収納の前にやることとは?衣替えをスムーズに行うコツ

サイト内検索

ここでは、衣替えのチョットしたコツや、片付けの順序をご紹介していきます。

家事や仕事に追われ、衣替えを後回しにしている方も多いかと思いますが、お気に入りの服を来シーズンも良い状態で着れるように、面倒くさがらずに衣替えを行いましょう。

まず、最初にやるべきことは、必要のない服を処分することです。

時代遅れのデザインや、サイズが合わなくなったもの、3年以上着用していない衣服は思い切って処分します。

捨てるのは勿体ないという方は、仕立て直しを行ったり、リサイクルショップやフリーマーケットを活用することをオススメします。

衣類の処分が済んだ後は、汚れが残っているとシミや黄ばみ、ニオイの原因になるので、厳選した衣類のコンディションを維持するため丁寧に洗濯しておきます。

特に汚れが付きやすい襟や袖、Yシャツなどの白物は、洗濯機へ入れる前に洗剤や石鹸をなじませ、素材が痛まない程度にブラシなどで軽く擦っておくと良いでしょう。

洗濯後十分に乾燥してから収納しますが、厚みがありシワになりにくいものは筒状に巻いてコンパクトにするなど、衣類の特徴や用途に合わせて収納方法を工夫してみてください。

また、クリーニング店に出した衣類は、ビニール包装のままだとニオイやカビ、変色などの原因となるので必ず袋から出して収納しましょう。

ボックスやケースに入れて保管する際は、ラベルを貼っておくと必要な時スグに取り出せて便利です。

その際、これから湿気が多い梅雨となるので、防虫剤と除湿剤を入れ忘れないように注意してください。

そのほか、衣替えでは、靴や小物類、寝具なども取り替える必要があるので、休日などを利用して計画的に行いましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ