体育の日は晴れることが多いって本当?

サイト内検索

“スポーツに親しみ、健康な心身を培う”という意味を持つ「体育の日」は、1964年(昭和39年)10月10日に東京オリンピック開会式が行われたことに由来して、1966年(昭和41年)から国民の祝日に加わりました。

スポンサーリンク

2000年(平成12年)からは、ハッピーマンデー制度の適用により、10月の第2月曜日へ移行しましたが、この日には、多くの小学校で運動会が行われたり、体育施設が無料で開放されるほか、有名選手も参加するスポーツイベントや、各種の競技会などが全国で開催されています。

スポーツの秋と呼ばれるように、この時期は体を動かすのに最適な気候となります。

日頃の運動不足を解消したい方は、この日を機会にウォーキングやサイクリングなど、手軽にできるものから始めてみてはいかがでしょうか?

体育の日の由来となった東京オリンピックの開会日が、通例の開催日より極端に遅い10月10日になった理由については、東京地方の「晴れの特異日」だったからとされています。

特異日とは、偶然とは思えないほどの高確率で特定の気象状態が現れたり、政治的事件が集中して起こる日を指しますが、統計的に見ると、10月10日が特別に晴れる日が多いというデータはなく、1959年(昭和34年)発行の「気象学ハンドブック」では、10月の晴れの特異日は14日と記されています。

ここ30年あまりのデータを見ても、前後する他日に比べて10日が特に晴れが多いとは言えませんが、秋の長雨が終わりを迎えることから、この時期は比較的晴天が続く傾向にあるようです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ