七夕の由来を紐解く!織姫と彦星だけじゃない

サイト内検索

3月3日の「上巳」や5月5日の「端午」と共に、7月7日の「七夕」は、1年の重要な節目となる「五節句」の一つに数えられています。

七夕の由来は諸説ありますが、主流となっている説を簡単に解釈すると「織姫と彦星」の伝説を中心に、「乞巧奠(きこうでん)」の風習と「棚機(たなばた)」の神事が合わさって現在の形になったようです。

スポンサーリンク

「織姫と彦星」の伝説は、七夕の根幹をなす有名な物語で、天の川の辺に住む機織りの名手だった織姫が、彦星と楽しい結婚生活を送ることで機織りをやめてしまったため、父親は天の川を隔て別々に暮らすがように命じますが、織姫があまりにも悲しむので、年に一度7月7日の夜にだけ彦星と会うことが許されたという伝説です。

「乞巧奠」とは、古代中国の宮廷行事であったものが、奈良時代に伝来し宮中行事として取り入れられた風習です。

「織姫星」である琴座の「ベガ」にあやかり、織物や裁縫、書道、詩歌などの技芸上達を祈い、梶(かじ)の葉に願い事を書いたそうです。

江戸時代、幕府が七夕を五節句として制定したことで、庶民にも広く普及しました。

「棚機」とは、旧暦7月のお盆に祖先の霊を迎えるため、水辺に設けられた機屋(はたや)に篭り、神様に捧げる御衣(みころも)を織り上げる神事のことです。

7月7日は祀りの準備に入る斎日(いわいび)で、衣を織るために選ばれた乙女が、7日の夕方に禊を行っていたことから、「棚機」を「七夕」と書くようになったと言われています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ