端午の節句の、食べ物の意味

サイト内検索

家庭や地方によってお祝いの仕方は様々ありますが、ここでは、端午の節句にいただく代表的な食べ物を紹介し、それに込められた意味について注目していきたいと思います。

古くから端午の節句の代表的な食べ物であり、主に関西地方で食されることが多い「粽(ちまき)」ですが、これは、端午の節句が中国から伝来したときに一緒に伝わってきました。

粽が食べられるようになった理由は、古代中国のある逸話に由来しています。

楚(そ)の国王の側近として、多くの人から慕われていた屈原(くつげん)という人物が策略によって国を追われ、最後は汨羅(べきら)川へ身を投じて亡くなった際、死を悲しんだ国民は、遺体が魚に食べられないよう、粽を川に投げ入れて弔ったという故事から、屈原が亡くなった5月5日に粽を食べ、厄難や邪気を払う風習が生まれたと伝えられています。

中国伝来の粽に対し、日本が独自に生み出した、端午の節句の食べ物として「柏餅」があります。

柏餅が登場したのは、寛永年間(1624~1644)頃と伝えられており、当初は塩餡を用いていましたが、江戸後期になって小豆餡が一般的になったそうです。

餅を包む柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないため、このことから、「子供を産むまで死なない」、すなわち「家系が途絶えず一族が繁栄する」という意味を持つようになりました。

そのほか、語呂合わせで「鯛(めでたい)」や「鰹(勝男)」、栄達を願って出世魚の「鰤(ぶり)」や「鱸(すずき)」、真っ直ぐスクスクと育つように「筍(たけのこ)」などもよく食べられています。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ