「端午の節句」と「こどもの日」の由来とは?

サイト内検索

5月5日は、季節の節目を指す「端午の節句」または「菖蒲(しょうぶ)の節句」であるとともに、国民の祝日の一つ「こどもの日」でもあります。

俗に「男の子の節句」とも言われますが、どのような由来や趣旨があるのでしょうか?

「端」は始まり、「午(うま)」は午の日を意味しています。

つまり、端午とは本来「月初めの午の日」を指す言葉でしたが、いつしか「午」と「五」が通じ毎月5日を指すようになり、そのなかでも月日が重なり、季節の節目に適していたことから、5月5日を「端午の節句」と呼ぶようなったそうです。

古代中国では、奇数の重なる月日は、陰の気が増し不吉とされていたため、邪気払いが行われていたそうです。

この風習は、奈良時代のころ日本へ伝わり、宮中行事の一つとして行われるようになりました。

鎌倉時代以降、政治の中心が武家社会へ移ると、武を重んじる意味を表す「尚武」と「菖蒲」をかけて、節句を祝うようになり、江戸時代に入ると、幕府の命により「端午の節句」は公的な式日として定められ、男子の健やかな成長を願う行事として発展していきました。

時は移り、大正時代になると、国際的にも児童に対する取り組みが盛んになっていたこともあり、子供愛護週間が5月5日前後に設定され、1948年には、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを目的として「こどもの日」が制定されます。

現在では、性別に関係なく子供のための日として認識されるようなってきましたが、五月人形や鯉のぼりなど伝統的な飾りを見ると、「男の子の節句」と呼ばれる所以を感じることができます。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ