炭水化物を断たないのが成功するダイエットの秘訣

サイト内検索

1日に食べていいのはグレープフルーツだけ、炭水化物は一切摂らないなど、季節ごとにさまざまな流行のダイエットがやってきます。

この記事を読んでいる方の中にも、過去に数種類のダイエットを試したことがある、という方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

アメリカの研究によると、食事の内容を早急に変えても一時的に体重が落ちるだけで、ほとんどの人は後に体重が戻ってしまうそうです。

またイギリスの研究でも、落とした体重を長い期間キープする秘訣は、糖分や脂肪分を完全にカットしてしまうのではなく、適度に摂ることだと言っています。

ペンシルベニア大学の体重・摂食障害センターによると、流行のダイエットにのり換える人の65%は3年以内に体重が戻ってしまっているそうです。

そして、たったの5%の人しか減らした体重をキープしていないのだそうです。

カロリーを計算するアプリや、ニュートラチェックというウェブサイトを使って行われたイギリス全土の調査では、健康的になるために充分な体重を落とした人のうち、86%はチョコレート、ポテトチップ、炭水化物を食べながら成功したのだと言います。

そして85%以上の人は、体重を落としている間少なくとも週に一度はチョコレートを食べ、1/3の人は週に何度か食べていたそうでうす。

ある栄養士によると、一定の食物グループを完全にカットしてしまうのではなく、量を減らすと体重が落ちるだけでなく、その後も長い期間減らした体重をキープできるのだそうです。

ほとんどの流行のダイエット法には食べてはいけないもののリストがありますが、もし体重を落としたければそれらの食品も食べるべきだと言います。

体重制限をしている間でも好きなものを食べていいのです!

全てをギブアップする必要はないのですね!

外食だってOKだし、大好きなチーズとワインを頂いてもいいのです。

体重を落としたい時に重要なのは、1日にどのくらいの量を食べているかを知ること。

大好物を食べてはいけないと思うことによって、心理的に否定感情を引き起こしてしまいます。

だから食事制限をしている人の多くは、否定的な考え方で気分も落ち込んでしまうのです。

リラックスしたアプローチを取り、時には甘いものを食べても体重は落とせるのです。

その上食べ物に対してポジティブな考え方になるので、落とした体重もキープできるなんて素晴らしいですね!

身体の健康だけでなく、心の健康だって大事なのですから、リラックスしてダイエットに取り組むことにしましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ