10月14日は鉄道の日!鉄道イベント

サイト内検索

1872年(明治5年)の旧暦9月12日に、新橋駅(現:廃止)と横浜駅(現:根岸線桜木町駅)を結ぶ日本初の鉄道が開業したこと、また、1921年(大正10年)10月14日に、鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館が開館したことに由来して、1922年に鉄道省が10月14日を「鉄道記念日」と定めました。

スポンサーリンク

1949年からは国鉄(日本国有鉄道)の記念日となり、民営化後はJRグループの記念日となりましたが、1994年に運輸省(現:国土交通省)からの提案で現行の「鉄道の日」へ改称し、JRグループをはじめ全ての鉄道事業者が祝う記念日となりました。

「鉄道の日」には、体育の日を含む3連休や前後の土・日曜日に、鉄道関連のさまざまなイベントが催されています。

数多くのイベントのなかで最も有名なのが、東京の日比谷公園で開催される「鉄道フェスティバル」で、各鉄道事業者の展示コーナーや、限定グッズが販売される物販コーナーをはじめ、ミニSL乗車会、鉄道クイズ大会、キャラクタショーなどが実施されています。

また、鉄道の日を記念した切符「秋の乗り放題パス」は、一部を除く全国のJR普通・快速列車が、連続する3日間乗り放題になる切符で、別名「秋の青春18きっぷ」と呼ばれ、旅行者に人気を博しています。

そのほか、小田急電鉄の海老名総合基地で行われる「ファミリー鉄道展」や、神戸新交通が開催する「ポートライナーフェスティバル」など、全国の事業者が車両や鉄道の仕事を身近に感じられる、趣向を凝らしたイベントを開催しています。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ