お雑煮の地域による違い

サイト内検索

正月の食卓にかかせないお雑煮は、地域により具材や味付け、調理の仕方などが大きく異なる料理です。

一般的に関東では、醤油仕立てのすまし汁に、焼いた四角いお餅と紅白のかまぼこや鶏肉、海苔などを入れます。

江戸は人口が多く、お餅を効率よく生産するため、四角く切った切り餅が広まったとされています。

一方で関西は、白味噌や赤味噌をベースとした汁に、丸いお餅を焼かずに入れるのが一般的です。

丸餅を使う理由としては、年神様のお供え物である鏡餅を模しているためや、丸い形が円満や家内安全を表すためだとされています。

大雑把に関東/関西と分けましたが、沿岸部では魚介類が入り、山里では野菜が入るなど、それぞれが更に細分化され、家庭によっても違いがあります。

そのほか、秋田ではきりたんぽ、新潟ではイクラ、広島では牡蠣、宮崎県では猪の肉が入るなど、その地域の特産品を入れるお雑煮も多いようです。

また、お雑煮に入っている餅を、クルミを擦ったタレにつけて食す、岩手県のクルミ雑煮や、お雑煮に入っている餅を、甘いきな粉を付けて食べる奈良県のきな粉餅雑煮、味噌仕立ての汁に餡子のお餅を入れる、香川県の餡子餅雑煮など、甘いお餅を使ったお雑煮もあります。

その一方で、稲作が盛んではない山間部や島嶼部では、里芋や豆腐、すいとんなどを使い、お雑煮にお餅を入れない地方もあります。

全国各地には、様々なお雑煮があるので、いつもと違うお雑煮にもチャレンジしてみましょう。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

One Response to “お雑煮の地域による違い”

  1. アラレ より:

    うちの雑煮は、餅菜しか入ってない・・・。
    他に何か入れると怒られるw

    まー作る方としては楽で良いけどね。

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ