過疎化する都市部事情と経済的な理由

サイト内検索

過疎化する都市部の不動産の価値が下がらず日本経済も低迷の中、失業率も高く、安定した給料を得ることができない賃貸住宅者が後を立ちません。

まず東京都内の企業のリストラや解雇が2000年から2015年までに行われ失業者が増え、

労働場所の賃貸物件の需要がなくなりましたが、不動産の価値や、賃貸に置ける家賃が下がらず、都内のマンションの多くで空き室が目立つようになりました。

そんな中、なんとか賃貸マンションで運営できているのがデザイナーズマンションや、高層マンションなどが利用しやすく、人気です。

そのため賃貸物件を新たにリフォームしてデザイナーズマンションを建築する不動産オーナーの方も存在します。

不動産オーナーでも持っている物件で空き室を埋められない方もいます。

インターネットサービスの発達によっての中小企業の地方事務所移動

またインターネットサービスの発達によって、企業の仕事をオンラインで行うことができるようになり、中小企業の一部の企業が都内から家賃や設備維持費が安い郊外へと事務所や企業を移転したことも都市部の過疎化の原因の一つとも言えます。

一家に子供が平均で1.74人の日本の家族で、少子化が原因で過疎化しているとの分析もありますが原因はそれだけではありません。

また都市部だけでなくとも住める場所は近隣の都道府県で、十分に都内に通勤できる住宅地があり、わざわざ、都内の狭く家賃の高い住居を賃貸する必要がないことも理由のうちの一つです。

経済低迷を意味する、生活保護の申請者が過去最高

2014年は、生活保護の申請者が過去最高でした。

生活保護を受け取る事ができる方は福祉事務所の窓口まででむいて受け取ります。

申請をする前に断られるケースもありますが、条件が整っていれば受け取ることが出来、子供が小さく、パートで働いていることを上げるという理由で生活保護を受けることも出来ます。

しっかり自分らしくパートでやりくりできる時代ではなく、都内の高い賃貸料金を楽に支払い続けていくことができない方も増え、多くの日本企業も必ずしも社員の未来を約束する時代ではないので、このようなすべての要素が一つになり、都市部の過疎化が進んでいます。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ