年上を指導することが増える時代

サイト内検索

現在アルバイトや派遣先で60代以上の年上が後輩になる場合が多くなっています。

そのほとんどが定年退職を迎えた方々が年金だけでは生活費が足りなくて働くといった理由です。

時代が時代なのでしょうとしか言い様がありませんが、年上が後輩になってしまった若者にとっては、大きな障害となるのです。

スポンサーリンク

後輩が年上だとなぜ困るのか

高校一年生のアルバイトスタッフが60代のパートスタッフを指導できると思いますか?

現状そういったことは、まれにあることなのです。

ほとんどの仕事先では、中途採用されたスタッフに対して社員は指導しません。

アルバイトよりも会社やお店を管理する社員の方が、やることも多ければ、時間もなく、何より辞められては困るからです。

年上の指導ならなおさら権力で指導する担当を避けることができるでしょう。

しかしそんなことお構い無しに60代以上のスタッフは誰にでも指導を求めます。

今までの会社勤めが長く、人生も経験も長く、人を見極めることに長けているからです。

その能力がゆえに、アルバイトの年下を軽く見下すことも多く、教わったことを担当者と社員の両方に二度聞きするなど指導に時間がかかってしまうのです。

また「年寄りだから」と理由をつけて重労働を若いアルバイトに押し付けたり、「すぐ忘れてしまう」と覚えられないと訴えることもあります。

スポンサーリンク

年上の指導方法

年上だからといって労わっていては、仕事やストレスが多くなるばかりです。

同じ立場の人間だと考え、通常の労働をさせましょう。

同じミスを繰り返すようなら、相手に敬意をもった指導をしましょう。

「なぜミスを繰り返すのですか?」といわず「最近ミスが多いですが、何か負担に思うことがありますか?」といいましょう。

歳が違うことで体にも違いがあるのは当たり前です。

そのため叱るのではなく相談に切り替えることで相手は心を開いてくれるでしょう。

年上だから年下の意見なんて聞かないだろうと考えず、とりあえず同じ仕事が出来るか様子を見てみましょう。

どんなに指導しても変化がない場合は、それこそ社員に力を借りるべきときなのです。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ