年をとっても美しいことを証明ファッションブランド・キャンペーン

サイト内検索

ファッションとは、残念ながら、若さを祝う世界です。

でも時として、ファッション業界やコスメティックブランドも賢くなり、年を重ねた人だけに表れる「美」を祝うのです。

2015年春、50代後半、60代、70代の素晴らしい女性達が、キャンペーンガールとして名だたるファッションブランドやコスメティックブランドの「新しい顔」となりました。

スポンサーリンク

ごく最近では、93歳のアイリス・アプフェルがスーパーモデルのカーリー・クロスと2人で、ケイト・スペード2015キャンペーンでスポットライトをシェアしました。

結果は目を見張るものがあったようです。

セリーヌは80歳のジョアン・ディディオンを、サンローランは71歳のジョニ・ミッチェルを、ロレアルは69歳のヘレン・ミレンを、ドルチェ&ガッバーナは無名の3人の年配女性をキャンペーンモデルとして起用しています。

これはただの一過性のもので、新しさと興味が過ぎればこの傾向はなくなると見ているファッションメディアもいるようです。

しかし、インターネットでも反響がとても大きく、キャンペーンモデルはティーンエイジャーだけが鼓舞するものではない、とファッション業界もついに悟ったのではないでしょうか?

年配女性のモデルを起用することが、ファッションブランドの利益向上に直接結びつくことはないかもしれません。

ただ、ファッションは若い人達だけのものではない、という強いメッセージを送ることができます。

スポンサーリンク

年をとっていてもお洒落をしていい、という社会からの許可と自由を得たような気さえしますよね。

若い女性達だって年をとるという現実に、恐怖を感じなくなるはずです。

化粧品のコマーシャルで、毛穴さえないような若いピチピチ肌の17歳のモデルがファンデーションの宣伝をするより、68歳の女性がパッと美しく輝くのを見た方が、ずっと説得力があると思いませんか?

日本のみならず、これから老齢社会になってゆく国はたくさんあります。

誰でも年は取ります。

年を重ねた女性だけが持っている“美しさ”を見せつけ、今年の春はお洒落を思いっきり楽しんじゃいましょう!!

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ