11月10日は「十日夜」収穫祭と月見の日

サイト内検索

11月10日(旧暦10月10日)に、東日本を中心として行われる収穫祭のことを「十日夜(とおかんや)」と言います。

西日本の「亥子(いのこ)祝い」と同じ趣旨の行事で、農作物の収穫を終え、山へ帰る田の神を送る日とされています。

田の神が山に帰る道筋にいると蹴散らされ、災いが降りかかると伝えられており、この日には、田や山に足を踏み入れることを忌む風習が各地にあるほか、稲の茎を束ねた「わら鉄砲」で地面を叩きながら唱えごとをして地面の神を励まし、作物に害をなすモグラを追い払う風習があります。

また、長野県東筑摩では葉付きのダイコンと餅を箕(み)に載せて神を祀り、埼玉県秩父では11日に亥子餅を神に供えるなど、地域によって様々な風習が伝えられています。

こうした行事のほかに、この日の月は「十日夜の月」と呼ばれ、収穫した穀物で餅をつき、亥の刻(21~23時)に食べて祝う風習もあります。

かつては、中秋の名月の「十五夜」、後の月の「十三夜」と並び月見の対象とされていました。

別名「三の月」とも呼ばれている十日夜の月は、月齢に関係なく行われるので、満月を楽しむ風流な行事というよりも、田の神や豊穣に感謝する趣が強く、地方によっては、田んぼを見守ってくれたかかしに、上新粉で作った十六団子や餡入り餅をお供えして、かかしにお月見をさせてあげる「かかしあげ」と呼ばれる風習もあるそうです。

十五夜、十三夜、十日夜全ての月を見ると縁起が良いとされているので、機会があったらぜひコンプリートを目指してみてください。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ