鶴岡八幡宮の例大祭!伝統ある流鏑馬が見所

サイト内検索

神奈川県鎌倉市に鎮座する鶴岡八幡宮では、毎年9月14日から16日までの3日間にわたり、「例大祭」が盛大に執り行われています。

鎌倉時代に成立した歴史書「吾妻鏡(あづまかがみ)」では、1187年の放生会(ほうじょうえ)に際して、源頼朝が流鏑馬(やぶさめ)を催行したと記されており、これが「例大祭」の起源と伝えられています。

スポンサーリンク

絶えることなく歴史と伝統を今に伝える「例大祭」は、鶴岡八幡宮の数ある祭事のなかでも最も重く、厳粛に神事が執り行われています。

例大祭に先立つ14日の「浜降式」では、祭人たちが早朝の由比ヶ浜の浜辺で禊を行ない、身を浄めた印として海草を持ち帰り境内各所に掲げ、夕刻の「宵宮祭(前夜祭)」で、明日に控えた祭の執行を神様に奉告します。

15日の「例大祭」は、神前に供えられた鈴虫の鳴き声が響くなか、神社本庁からの使者(献幣使)をはじめ、大勢の参列者を迎えて厳かに執行され、例大祭の後の「神幸祭」では、大勢の見物客が見守るなか、神輿渡御や八乙女舞が粛々と進行されていきます。

16日の午後1時からは、鎌倉時代の狩装束や江戸時代の軽装束に身を包んだ射手が、ものすごいスピードで疾走する馬に跨り3つの的を射抜く、勇壮な流鏑馬神事が奉納されます。

武家文化の歴史を体感できる神事であるため、日本人のみならず海外からの観光客も多く見られ、射手が見事に的を射抜いた瞬間、大勢集まった見物客から感嘆の声があがります。

ちなみに鶴岡八幡宮では、4月の「鎌倉まつり」と10月の「崇敬者大祭」でも流鏑馬神事が行われているので、お近くにお住まいの方はぜひ一度足を運んでみてください。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ